美容とダイエット情報なら「ベルダイエ」 > フェイシャルエステ > 目元の疲労が老け顔の原因になる!?おすすめのアイケア5選

2015.9.28

目元の疲労が老け顔の原因になる!?おすすめのアイケア5選

281View

Pocket

Dollarphotoclub_80202108

自分に合ったアイケアで若々しい目元にしましょう!

若々しい表情を作る上で欠かせない目元は、テクノストレスなどの影響を受けやすい特徴があります。

目元の疲れは「老け顔」などのネガティブな印象に繋がることもありますので、ここで紹介するポイントを抑えて毎日のケアを行うようにしてください。

目元の筋肉は疲労しやすい!

0.02mmという非常に薄い皮膚で作られている目元は、乾燥や眼精疲労などの影響を受けやすいパーツです。

特に残業や不眠傾向、パソコンやスマートフォンを使った作業が続いた後は、「疲労による目元の印象」が出やすい傾向がありますので、周囲に疲れた印象を与えないためにも、早めのケアをすべきです。

また顔の他のパーツと比べて3分の1程度の厚さしかない目元の皮膚は、水分の蒸散もしやすい特徴もあるため、毎日のスキンケアの中でも特に重視すべきパーツと言えるでしょう。

目元の疲れはどんな悪影響を及ぼすの?

《老け顔》
疲れた目のままで生活をしている人は、老け顔に見られやすい傾向があります。また目尻のシワが酷い人も実年齢以上に老けて見られますので、若々しい印象を周囲に与えるためにも、目元のケアを入念にすべきと言えるでしょう。

《パッとしない印象》
疲れ目を放置していると、筋肉が収縮して「目が小さく見える」という状況となります。また眼精疲労が酷い人は目がパッチリしていない傾向もあるため、仕事に対するヤル気や元気が無いように捉えられてしまう難点もあるようです。逆に目力が強い人は、アグレッシブでモチベーションも高い印象を与える傾向がありますので、周囲から見られるイメージを改善するためにも、目元のケアを入念に行うべきと言えるでしょう。

《眼精疲労による不調》
眼精疲労を放置していると、頭痛や肩こりが起こりやすくなります。また視点が合わないことによってイライラも生じやすくなるため、精神状態に影響をきたすこともあるのです。どんなに素敵なアイメイクをしても、精神的な不調は周囲に感づかれてしまいますので、目の疲れを実感したら他のパーツに症状が広がらないうちに早めに対処をすべきと言えそうです。

おすすめのアイケア① 目元を温める!

蒸しタオルを使って目元を温める習慣を付けると、パソコンやスマートフォンの利用によって張りつめた目の神経が良い形で緩みます。

また目元を温めると浮腫みの解消もできますので、お化粧前のデイリーケアとして実践しても良いでしょう。

おすすめのアイケア② 目薬を使う!

仕事中に眼精疲労を感じたら、ビタミンB群入りの目薬で目に栄養を与えてあげてください。

アイケアと無関係と思われがちな目薬ですが、目の疲れや充血が改善すれば、「どんよりとした目つき」や「パッとしない印象」が改善されるため、意外と高い効果が得られる存在となっています。

おすすめのアイケア③ サプリメントを飲む!

印象が変わるほどの目の疲れに悩まされている人は、ルテインやブルーベリー、アスタキサンチンなどのサプリメントを毎日飲む習慣を付けるようにしてください。

目に効果的な成分をサプリメントで摂取していると、眼病予防も可能となります。

おすすめアイケア④ ツボを押す!

目の周囲にはたくさんのツボがあるため、休憩時間などにマッサージを行う習慣を付けるだけでも、眼精疲労が改善します。

特に晴明(せいめい)というツボは、目の周囲の血行不良を改善することで、「目のクマ」の予防に繋がりますので、疲労によって目元の印象が変わってしまう皆さんには、特に押すべき位置付けと言えるでしょう。

おすすめのアイケアⅤ アイクリームで保湿をする!

目元の乾燥は、周囲の筋肉や神経にも不快感を与えるため、結果として眼精疲労やシワなどに繋がる存在です。

特に真冬の目元は乾燥によるひび割れが生じやすい傾向がありますので、ビタミンAやペプチドなどを配合したアイクリームを塗布して、「シワやたるみの原因」に策を講じるようにしてください。

またアイクリームを塗布する時に「目元のマッサージ」を行えば、リラックスやシワの改善効果が得られますので、寝る前のケアとして取り入れてみても良いでしょう。

まとめ

ちょっとの疲労や不調で印象が変わってしまう目元は、簡単にできるケアを組み合わせることで、元気な状態をキープできると言えそうです。

目元のケアを怠ると、エイジングケア化粧品でも改善しない「深いシワ」などが発生してしまいますので、まずは保湿成分の高いアイテムを使って毎日のケアを行うことをお勧めします。

SNSヘシェアして他の人にも教えよう!

  • ボディ体験コース
  • フェイシャル体験コース

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます