美容とダイエット情報なら「ベルダイエ」 > お役立ち > ニベア青缶よりも優秀!ニベアソフトの魅力を知っていますか?

2016.12.21

ニベア青缶よりも優秀!ニベアソフトの魅力を知っていますか?

1056View

Pocket

ニベアの青缶が合わないなら、ニベアソフトを使ってみて

真冬の保湿ケアにおける定番商品となったニベアの青缶も、人によっては「自分には合わない」とか「使い勝手が悪い」と感じることもあるようです。
そんな場合には、青缶とは全く異なるテクスチャーに仕上げられた「ニベアソフト」がおすすめです。

ニベアソフトが再注目されるきっかけとなったのは、モデルの西山茉希さんが自身のInstagram内で公開したニベアソフトを使ったマッサージ動画による影響が大きいと言われています。

「これが私のリアルです」と断言する西山さんは、どこに行くにもニベアソフト1本でケアをしているのだそうです。

今回は、青缶とは全く異なる魅力を持つニベアソフトの特徴活用法について、徹底解説していきます。

ニベアソフトとは?

ニベアソフトとは、乳液のようなサラッとした使用感に仕上げられたウォーターベースのニベアクリームです。
ニベアソフトは、青缶と同じように顔、手、体といった全身に使うことのできる製品となっています。

植物天然保湿成分・ホホバオイルを配合しているニベアソフトは、肌の内側にある角層へスムーズに潤いが浸透することで、青缶よりも使い勝手の良い存在として多くの美容メディアで話題になりつつあるようです。

ニベアソフトはこんな人におすすめ

ニベアソフトを愛用する女性のブログなどを見ていると、彼女たちの多くが青缶特有の「ベタつき」や「肌のテカリ」などを苦手とする傾向が高いことに気付かされます。
またニベアソフトにシフトした人の中には、青缶の使用で大人ニキビが多発した方々も多く見受けられますので、オイルコントロールが上手くいかない皆さんにもソフトの方が肌に合いやすいと考えて良いかもしれません。

ニベアソフトの意外な活用術 5選

青缶よりも遥かに軽いテクスチャーのニベアソフトは、幅広いシーンで活用されているプチプラコスメとなっています。

《クレンジング》
ホホバオイルを配合するニベアソフトは、クレンジングとして活用する人も多い製品です。
チューブから出したニベアソフトを手の平で温め、指を使ってくるくると馴染ませるとメイクが落ちやすくなるそうです。

ニベアソフトはクレンジング専用商品ではありませんので、カバー力の高いファンデーションなどを落とす場合は注意をしてください。

《ポイントリムーバー》
皮膚が薄くデリケートな目元や口元のポイントリムーバーとしても、ニベアソフトを活用する人が増えています。肌にやさしい保湿成分を配合するニベアソフトは、肌乾燥の酷い人でも安心して使えるポイントリムーバーになりそうです。

《パック》
青缶と同じようにニベアソフトを使ったパックも、大変人気です。
最もスタンダードな方法は、洗顔前に10分ニベアソフトを塗るというものです。

パック後はぬるま湯で流す人が多いようですが、中には化粧水を使って丁寧に拭き取る方々も多いようです。
このパックを実践すると、真冬でも簡単にモチモチ肌が取り戻せると言われています。

《洗顔フォームと混ぜる》
洗顔後のツッパリ予防にも、ニベアソフトは活用されています。
普段使っている洗顔料とニベアソフトを混ぜると、顔を洗った後でも良い形の保湿感が得られるようです。

またウォーターベースのニベアソフトは、他製品との混ぜやすさといった意味でも多くのメディアで話題性を高めています。

《ベースメイクにプラスする》
コンシーラーやファンデーションなどとニベアソフトを混ぜると、自分好みの密着性になるとも言われています。

しかしニベアソフトの油分をたくさん塗りすぎると紫外線トラブルが起こりやすくなりますので、外出時には注意をするようにしてください。

ニベアソフトと相性の良いコスメ

ニベアソフト愛用者の中には、他のコスメと混ぜて使っている方々も見受けられます。

《ハトムギ化粧水》
抗炎症作用で注目されるハトムギ化粧水は、ニベアソフトと混ぜ合わせることで肌荒れや肌ゆらぎの予防効果が高まるようです。
またハトムギ化粧水+ニベアソフトは、かかとや肘のカサつき予防にも効果的ですので、普通のクリームでは満足できない人はチャレンジしてみても良いでしょう。

《オロナイン》
ヒリヒリとした炎症が酷い人の中には、肌荒れに効果的なオロナインとニベアソフトを1対1で混ぜる方々も見受けられます。
オロナインはニベアの青缶と同じように多くの人が活用する薬用クリームとなりますので、ハトムギ化粧水よりもチャレンジしやすい存在だと言えそうです。

SNSヘシェアして他の人にも教えよう!

  • ボディ体験コース
  • フェイシャル体験コース

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます