美容とダイエット情報なら「ベルダイエ」 > お役立ち > 簡単で話題のコルセットダイエット!正しいやり方と効果とは?

2018.11.27

簡単で話題のコルセットダイエット!正しいやり方と効果とは?

139View

Pocket

「簡単にできる!」と話題のコルセットダイエット。
何も知らない方からすれば「ただコルセットをつけるだけなの?」と思ってしまいますよね。

本当につけるだけならこんなに簡単なダイエットはありません!そこで、そんな話題なコルセットダイエットの正しい方法と、どんな効果が得られるのかどうかを調べてみました。
気になっていたという方は是非参考にしてみてくださいね。

コルセットダイエットの効果ってどんなもの?

モデルの多くも経験があるというコルセットダイエット。ネットでも話題のダイエットになっていますが、一体どんな効果があるのでしょうか。

コルセットをすることでまず体感できるのは、「ウエストが締まる」感じですね。
そのため、今まできつかったボトムもコルセットをつけることでぶかぶかになったりとつけている間は体の締まりを実感できますね。

その他にも、お腹部分がコルセットによって締め付けられていることによって食欲を抑える効果が期待できるでしょう。
少量食べるだけでもお腹がきつく感じるようになるので、食べ過ぎを防止してくれるという訳です。
また、コルセットによって姿勢が整う効果もあります。

姿勢が崩れていると、脂肪の付き方も変わってきてしまい背中にばかり脂肪がいくことも。
ですが姿勢を整えることによって脂肪の付き方も変わりますし、何より体内循環が正常化し、基礎代謝の向上にも繋がります。

基礎代謝を上げることはダイエットの基礎にもなるので嬉しい効果ですね。

デメリットもある!?コルセットダイエットで注意すべき点は?

様々なメリットがあるコルセットダイエット。それだけ聞くと「コルセットを巻くだけで痩せられる!」と希望を持ってしまいますよね。

ですが実は、コルセットダイエットにはデメリットもあると言われています。
そのデメリットとは「締め付けすぎで内臓に負担がかかる」という点です。

内臓に負担がかかってしまうことで、血流が悪くなってしまい代謝が落ちてしまうことも考えられます。
また、締め付けすぎることによって気分が悪くなったりと体調悪化にも繋がりかねませんので注意が必要です。

コルセットを選ぶ時のサイズや、着用するときの締め付け具合も調整しなければいけませんね。
また、長時間の着用は体に負担になってしまいますので、長時間の着用は避けなければいけません。

自分の体形にあったコルセットの選び方って?

コルセットダイエットで最も重要になるのが「コルセット選び」です。
コルセットと聞くと全て同じように感じてしまいますが、実はコルセットも服と同じようにサイズが存在します。
サイズ感はメーカーによって差がありますので「ウェスト」の値を基準に選ぶと分かりやすいですね。

まずは自分のウェストサイズを測ってから、自分のウェストよりも少し細いくらいのサイズのコルセットを選ぶのがおすすめです。
インターネットで購入する際には、商品のサイズ感が掴みにくいなと思ったら商品レビューをチェックしてみて、小さめか大きめかを調べてみると失敗を防ぐことができますよ。

また、価格帯も1000円から3000円前後と幅があるものの、思ったよりもお手頃な価格なのも魅力的ですよね。

コルセットが準備できたら、早速挑戦しよう

コルセットが用意できたら、早速コルセットダイエットに挑戦してみましょう。装着時に注意すべきなのが、「締める力の強さ」です。

締め付けられる分締め付けるのではなく、「少しお腹がきついかも」というくらいまでの締め付けにするのが重要なポイント。少し前にもご紹介した通り、締め付けすぎは体にストレスを与えてしまうので良くありません。

最初は着けるのが大変に感じてしまうかもしれませんが、慣れてくるとパパッと着けることができるのでコツを掴むまで諦めないようにしてくださいね。
着け終わったら、そのまま3時間から6時間程度そのまま過ごしましょう。
おすすめなのが、昼食間や夕飯前など食事の前の時間帯を選ぶことです。

食事前にコルセットを締めると締め付けのおかげですぐにお腹がきつくなるので食べ過ぎ防止になりますよ。

コルセットダイエットの注意点!「無理はしないで!」

そんな簡単なコルセットダイエットですが、重要な注意点があります。
それは「無理はしないこと」!コルセットを着けている間に体調が悪くなってしまっても「まだ少ししか経っていないから」と思ってそのまま続行するのはやめましょう。

大切なのは「少しでも違和感や体調の悪さを感じたらやめること」です。
ダイエットって本来「健康になるために」行うものですから、健康を第1に考えて無理はしないようにしてくださいね。

SNSヘシェアして他の人にも教えよう!

  • ボディ体験コース
  • フェイシャル体験コース

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます